光沢

リフォーム工事は新築の住宅を建てるのとは違って手間のかかるものです。
新築の場合はある程度材が痛まないように養生を行いますが、清掃などは完成の間際に行うものでそう手間がかからないものです。
その点リフォームの場合には取り壊し部分ごとにゴミや残材の片付けを行わなければなりませんし、養生する部分も多く、工事期間に引越しを行うわけではありませんのであちこち避けながらの生活を余技なくされることも多く、その分手間や時間がかかるものです。
新築の場合に比べて工事費も安いのも事実ですが、新築のときにかかる費用の7割以内に納まったら良しとする意見も聞かれます。
これらのことが工事費の単価を高くしているとされています。
小規模な工事の件数は多く、100万円未満の工事が約半分、500万円以内未満の工事は約8割となっていて水回りや設備、内装の順で工事が行われているようです。

リフォームは過去には設備の取替えや改修や改築として扱われてきた経緯があります。
2000年以降の変化としてはペットブームを背景にマンションなどでもペットが飼えるようにそれに向けたリフォームが行われて来ました。
建設リサイクル法が施行されたり住宅の性能表示制度が出来上がりました。
高齢者居住法でバリアフリー化も始まりました。
基準法改正でシックハウスの対策が義務化されました。
リフォーム業者の中には悪質な施工を行う業者も出現し取り締まられた時期がありました。
リフォームで条件を満たした場合にはリフォームローンが借りられ、減税が受けられるようになりました。
リフォームを行う場合には最近では地域によって違いもありますが、その工事費の一部は支援事業の補助金が交付されるようになりました。

ピックアップ

新築

入居

水性タイプ

光沢