水性タイプ

夢のマイホームを建設した当時は、若くて元気ハツラツであり体もよく動きます。
階段の昇り降りや段差も気にせず闊歩できます。
けれども年齢を重ねると、今まで出来ていた行動やちょっとした事が大変と感じるようになります。
室内も同じで階段や段差が億劫に感じるようになるため、そうなったらリフォーム工事で快適な暮らしに変える必要があります。
室内の段差を無くすなら、フローリングのバリアフリー化があります。
室内全ての床をフラットにする事で、移動も楽々になり躓きも無くなります。
また一面が同じ高さで統一されているため、室内を広く見せるインテリア効果もあります。
断熱材を入れれば冬も暖かい床となるため、裸足で歩きまわる事もできます。

床材に使用されるフローリングには、様々な種類があります。
素材や加工方法によって価格も異なるため、使用する部屋や予算に合わせて選ぶことができます。
リフォーム工事に相談する時は、気になるフローリング材の見積を全て取ると良いです。
材料となる木には需要の高い物もあります。
需要の高い物は高価になりやすいですが、逆に低い物であれば安価に提供しているため、それらを利用すればリーズナブルにリフォーム工事を行う事ができます。
またフローリング材には表面加工の有無もあります。
艶の有る美しい仕上げが良ければ鏡面仕上げとなり、艶の無い素材の質感を重視した仕上げなら天然材となります。
この場合も加工の手間の有無により料金が異なります。

ピックアップ

新築

入居

水性タイプ

光沢